アーモンドバターのパッケージ(完成)

合宿2日目。

こんな笑顔を初日には見せていたメンバーですが・・・

 

 

もうね、みんな笑顔がなくなりましたよ(笑)

峠田先生にビシバシ!やってもらっているので

頭フル回転です。

「自分たちでコンセプトを考える」という

ゼロから1を生み出す、一番面白くも、つらい作業をやるのですからw

今回は、兵庫県立大学の学生だけでなく

社会人(プロのデザイナーや、農業関係者)

なんと和歌山からの高校生や、京都精華大学の学生さんまで。

いろんなバックグラウンドだから面白い!

 

最後の最後で・・・・

みんなやっと、作品を仕上げ、

プレゼンに!

プレゼンには杵屋の社長さんもきていただきましたよ。

 

 

これは「ごっさごっと」(めっちゃごちそう)という方言なのだそうです。

(加西市出身の参加者が命名w)

このパッケージ(ふち)にはいろんなものがかかれているのですが

これは秘密♩

 

 

ヒメノアサ。すごいかっこいいですよねー。

ちゃんと横から内容物がわかるのがいい!

 

 

これはアーモンドとモンドセレクション的なものがかかっているのですけど

これもちょっと秘密です

 

そして破壊力抜群の「あーもん」

 

 

摩訶不思議なキャラが生まれておりました!

 

そして、この娘シリーズ!

お店ごとに味が違うことを生かして

その特徴を娘っ子にみたてた作品!

 

 

中に取り扱い説明書的なものがはいっているんですよー。

面白い!

 

みんなで考えて考えて作ったパッケージは

単に可愛い、おシャレ、だけでない

味のあるものになりました。

 

参加者は全員うつっていませんが! この2日間の

健闘を讃えてはいチーズ★

 

アーモンドバターにもっと愛着がわきましたよ!

パッケージを考える、そしてお土産を考えるって奥が深いです!

 

 

前の記事

アーモンドバターのパッケージ