スタッフ日記 / プチニュース

モンゴル✖️台湾✖️音楽と偶然の出会い

この週末はなんだかおかしな感じでした。

ゲスト様はもちろん、旧友が遊びに来てくれて、ものすごいわちゃわちゃで楽しかったのです。


縁は奇なもの、でして 私が大学生の頃に自分で初めて行った(学校などを通さずに)のが中国でして「中国に行きたいけど、誰か詳しく聞けるヒトおらんかなー」と友人のイナちゃんに聞いたら「あ、おるおる。ちょうどねねヤンと同じ時期に置く人、おるよー!紹介してあげるわー」

と、紹介してもらったのが0くん。

私は関学生なのですが、関学の中央芝生で「初めまして!」で出会って、30分ぐらい喋って
「じゃあ、一緒に行きましょう!」と即決で行くことになったのが1993年。

のちに奥さんになる彼女とお友達、そして私のお友達という「全く知らん人ばっかりの団体」で中国の地を訪れたのがとても懐かしいです。

そんなメンバーが来てくれるというので、部屋を個室使いにして人数制限をしていたのですが
ピローンと予約メールが来て「今日泊まれますかー?」と台湾のゲストから。

そしたら台湾台北でゲストハウスをされている方だった!(めっちゃええ人)
みんなでお好み焼き(全国割のプランだよ)食べたりして楽しんでいる最中
また今度は前に泊まってくださっていた馬頭琴&ホーミー奏者さんから連絡が。
「急だけど泊まれますー?」
みんな「なんで今日なん???」っていう組み合わせ。誰かが引き寄せてるんだろうか。
なんなんだろうか・・・(そんなことってありませんか?私はある日のゲストが8人中6人が
新潟出身だった時にそういうことを思いました) あ、脱線。

ホーミー奏者の岡林さんは各地で演奏をされるプロなのですが、もうみんなどんな音なのか
気になって気になって・・・好奇心で「ちょ、ちょっとだけさわりを聞かせていただけませんか?」
とお願いする。
めちゃくちゃ優しい岡林さん。快く聞かせてくださったのですよ。

もうね。もうね。素晴らしかった。
馬頭琴は 小学校時代に「スーホの白い馬」でずっとどんなのか聞いてみたかったのです。
こんなに切ない音が出るんや・・・・とちょっと不覚にも涙が出そうになる音色。
ホーミーは「なんでそんな音出るの?」っていうぐらいの不思議な音(歌?)

一瞬、ガハハにモンゴルの草原の風が吹きましたヨ・・・

とても楽しい夜でした。みなさんありがとうございます。
そして全国割やってます!ぜひみなさん、当館に直接ご連絡ください!
(いま、予約サイトとかのクーポンは切れているので)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。