女将の日記

女将のぐだぐだ旅日記〜ヤズド編〜

シーラーズからヤズドまで バスで移動。

ヤズドはコチラ

ちょうどイランの真ん中あたりにある砂漠都市。

IranMap

バス会社はMihan Noor Ariya .

23:55分発で、朝の6時ぐらいについてしまいました・・・

ヤズドバスてい

余談ですが

イランの人々は本当に仕事をきっちりしています。

バスは定刻に発車するし、バスターミナルもきれいなんです。

バスもとっても綺麗んですよ。
*これはVIPバス。そんなに高くないんですよ
IMG_0306

バスでは毎回、スナック菓子が渡されます。
水も飲み放題♩
このジュースは果肉入りで美味しかった。

IMG_0307

IMG_0308

(こんなセットがでてきます)

私はスナック菓子をたべる習慣がないんだけども
(なのに、なぜデブなんだw)

ラマダンの非常食になるかもしれんので
キープしておくことに。

 

やずど日記2

ヤズドの町はきれいに整備されていて、
こじんまりとしてるんですよね。

旧市街散策もとても情緒があって
すでにイランを廻ってきた旅人に「どの都市がよかった?」
と聞いたら「ヤズド!」と口々にゆってたのが
わかる気がします。

 

観光名所 Amir Chakhmagh

(アミールチャグマーグ)にいってみました。

やずど日記3

 

もう、この系の建物みすぎて
この説明すら忘れました。ああ・・・自分。

 

散策していて老舗っぽいお店を発見。
もちろん入ってみる。

 

清潔な店内におじさんが沢山。
分業しすぎて(商品きく人、とる人、つつむ人、レジの人)
人がおおい。

これならもっと減らせる・・・けど、まあ、
みんなでやると楽しいからいいんだよね。

IMG_0247 のコピー

Haji Khalifeh

このようなお菓子を購入。
イランではピスタチオやナッツ類が存分に使われています。

(やはり甘かった・・・)

yazd

 

パッケージがかわゆいですよね。
Hajkhalifehrahbar

買い物大好き、私の図。(中央)

やずど日記5

 

あと、イランはですね、
カーペットももちろん有名ですが
布製品もめっちゃかわいいんですよ。

 

やずど日記1

重いんですよ。コットンが、重い。

どれだけはいってるねん!ってくらいに、重い・・・まじで。

これだけで超過荷物になるよなあ・・・・

(結局、クッションかえず。日本は遠いなあ)

 

そして別の観光スポット
Dowlat Abad Garden

(アバットガーデン)にいきました。

やずど日記6
やずど日記7

世界遺産に登録されており風の塔バードキールという

自然に風の流れを循環させる

ナチュラル・エアコンシステムがあるんだとか。

 

なるほど!とおもいつつ。

 

・・ステンドグラスきれいなあ、で終わる。

IMG_0262

今、書いていてなんでこんなにテンションがひくいんだろう

とおもっていたら

やっぱりラマダンと暑さだ!

暑さにやられていたし、ラマダンだから

ちょっとジュースを買おうとおもったらぼったくり値段にされた。

水を飲み過ぎて、このアバットガーデンで唯一あいている売店にて

ジュースがあり。

 

「飲めるよ!飲んでいきなよ!」

といわれ、じゃあ2本ください!と
ゆってしまったのが運のツキ。

 

一瞬、心の中で
「あ、値段確認するの、忘れた。しまった」

とおもいつつ、

ラマダンだから、少々の値段はゆるそう。

イートインじゃなくて、持ち帰りの売店やから

ファンタだし、日本じゃまあ、200円だけど

イランの物価を考えても、まあ、200円こえないでしょ。

まあ、でもラマダンだし、(値段確認せずにOKしたからボラれる覚悟で)

、よし、400円まではゆるそう、とおもっていた。

 

ら。

 

「はい、1本500円です」といわれるwww

 

キターーー!!!!!

 

「はあ???このジュースが???この250mlしかはいってない

ファンタが500円ってか?ふざけんなよ」

と、ゆってしまう。

 

「俺、栓ぬいたしww」

 

「1本500円のファンタなんてボリすぎだよ。いらない!」

 

「俺、栓ぬいたwwww」

 

「どうにかしなさい。私はしらない!!!゛(`ヘ´#) ムッキー」

 

 

と、お互いキレバトル。

 

ボラれるつもりで用意した私の値段を
かるく上回ったボリように゛(`ヘ´#) ムッキー

 

優しいイラン人でも外貨をみると、こ
うなるんだなあ、と悲しくなる。

でも、わかる。

そうだよね。

ごめんな。

でも、いややねん。。。ちゃんとしてるイランのままで
いてほしーねん。すれてほしくない。

 

そうこうしているうちに美穂と

Zoroastrian Fire Temple

ゾロアスター教神殿

にいこうという話になりました。

ko_1003

イランにはゾロアスター教という

火を聖なるものとして信仰する土着の宗教があり

 

その火をまつっているとな。

 

どうやっていこうか、と外にでて

道を確認していた。すると

車にのった家族が心配そうにこっちをみて
車でバックしてくる

 

「どこまでいくの??」

「え、ゾロアスター教寺院です」というと

「・・のっていきなさい」と。

 

なんと!

たぶん顔の感じからいくとまったく反対方向!

でも、のっていきなさい、と。

なんてイランの人は優しい。

そして・・・

IMG_0271
娘さん、可愛い!!!!

超絶可愛い!

 

美穂と、これってどうやってお礼したらいいんだろう。と話す。

お金じゃないよね。。。

もっているものので喜んでもらえそうなもの。。
ああああーーっ、ってかお菓子とか

ゲストハウスに置いてきちゃったよ・。。。

  • (╯•﹏•╰)

あ、これ、さっき買った
ヤズドの老舗のお菓子渡そう!

ということになり、最後に「ほんまにありがとうー。これよかったら食べてー」と渡すも

 

「いらないよー。気にしないで。

そういうの、ほんといらない。

旅にきたからには楽しんでね。

アラーのご加護を。イスラム教の神様は、
みんながハッピーなことを望んでいるから。じゃあね!」

と笑ってさっていった。

 

なんて、なんていい人たち!

 

実際、そうなんだ。

この日記には書いてないけれど

最初からずーっと毎日、いい人にあっている。

道ゆく人がみんな親切なんだ。

「どこからきたの?大丈夫?」

 

町全体、いや、国全体がおせっかいと親切のかたまりみたいなもんで。

 

「やっぱり、イランが最高!」

とバックパッカーが絶賛するのもうなずける話なんだ。

 

道ばたで喋りかけてきた2人組。

「オハヨウゴザイマス!日本語シャベリマスカ?」
とくる。

 

もちろんだ。 

で、案の定、その後は彼らは英語だww

IMG_0507

「日本の人はイランをISだとおもってマスか???
他の旅人もゆってました。すごく悲しいノデス。

イランの人、みんなとても親切デス。
テロとかシマセン。

みんな誤解、悲シイ。

イスラムの教え、みんなに親切にするコトだから・・・」

と一生懸命、私たちに伝えようとする。

 

そうだよねえ。

そうだよねえ。

 

わかるよ。こんないい国、めったにないよ!
夜中歩いてても
街灯が少なくても
安全って感じるもの!

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

 

「わかった、日本の人にイランの間違ったイメージを
もたないように頑張って伝えるから!」

 

と約束した。(そしてこのブログであるw)

 

めっちゃ喜んでくれた。

 

「ありがとう!じゃあ、気をつけてね。

オハヨウゴザイマス!」

~~~~~~~~~~~~~ヾ(´・ω・`)ノ”

と去っていった。。。

 

それは、サヨウナラ、なんやけどな。。。。。

 

ま、えっか。

 

 

ちなみにわざわざ連れていってもらった
ゾロアスター寺院でみたもの。

やずど日記8

単なる「火」だった。

おわり。

 

沈黙の塔にもいった。

うん。

IMG_0273
*私が唯一、沈黙の塔で撮影した1枚。
 まったく、どこでとっても一緒のような絵面・・・
人影は、美穂w

えーーーー。沈黙の塔と、ゾロアズターは

時間がなければ・・・いい気がしました。。。。

 

yazd40

ちなみにどちらかというとおすすめなのはLibrary Museum.

昔のラブレターが展示してります。

これ、ラブレターです。すごくないですか???

でも、あれですよね。書いている間に、
死んでしまいそうなくらい時間がかかりそう。。。。。

loveletter1 l

 

姫路の安宿 Budget hostel for backpackers Himeji 588 Guesthouse

ヒメジガハハゲストハウス

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。