女将の日記

大人の闇鍋やってみました!

いつかやりたいとおもっていた闇鍋の会をやってみました!

いやー 面白かった!

 

この日「大人の晩餐会」というイベントがあり

その周辺イベントとしてやってみたんだけども。

「一人一品を持ち寄り。

不潔なもの(汚い靴下とか)や

一発で味が変わってしまうもの

(ソフトクリームや

あんこなど)は、さけてください。大人のギリギリラインで!」

と、呼びかけたところ。

猛者がきてくれましたよー。

では当日レポ、いってみよー!

 

夕方4時。チェックインの時間である。

そろそろ出汁を用意してみる。

今回は2種用意する。

1つは闇鍋用。

1つは闇鍋が悲惨な結果に

なってしまった時用に、

安全安心の鍋を1種。

これならだれも文句はでまい。

(このやり方はゲストハウス蔵のまりなさんから

教えてもらっていた。ありがとう!まりなさん)

で。朝方に参加者(でえもんさん)から

「今日の闇鍋は何ベースなんや?」ときかれ

「わからないよ」と答えたが(思考停止していた)

「それによって買い物が違うんだ」と言われる。

でえもんさんは、ワインがすきな方でいつもそれにあわせて

ワインをもってきてくださるグルメさんなので

ほぉ、闇鍋食材も出汁で用意してくれるのね、と

「じゃあ、トマト鍋で」

普通の出汁でもよかったんだけど

写真とったときに悲惨感が増す気がしたんだよね。

で。クックパッドでトマト鍋をしらべてみてつくってみる。

缶詰をみる。

「賞味期限 2013年3月」

・ ・・・・・・w

やばい。これ自体が闇鍋になってしまう。

買い直しである。

じゃあ、もう一つの鍋は水炊きかな?とおもったんだけど

何事も創意工夫がすきな私。

「火鍋いってみようかな!」と

作ったこともないのにクックバッド様をたよりに作ってみた。

結果。

マジ、ヤバイ!まじで辛い!

_| ̄|○

色が怖い。

魔女的である。

グツグツグツ…w

これにまだ唐辛子をいれるらしいが

味見をした時点で沈没w

どうも、台湾人ゲストからいただいた本格的なラー油が

激烈だった!

クックパッド神は、なんせ日本の食材であるゆえ

… やっちゃったね。

まあ、ええか、

ネギをいれて甘みをだすか!とおもってぶちこむも、

さらに辛さを強調!

やばい・・・・ーッッ!!Σ(゚ロ゚ノ)ノ

そうこうしている間に猛者(参加者)登場。

にやにやしているみんなを横目に、

最後にでえもんさんが

やってきた。

はいってきて一言。

「はい、これ。ホルモン」

 

 

ちょっとー!!!!まったー!

闇鍋なんですけど!

ってか食材ゆっちゃったらあかんのんですけど!

ってか、ホルモンっておもんないんですけど!

フツーに美味しいやつやん!

と抗議すると、

「俺は俺の食べたいものをもってきただけじゃー!」

と吠えられるw

男ってこういうとこ、あるよねw

でえもん選手、「ホルモン、ニラ、もやし」という

まったくもって鍋の具材でしかないものを私に渡す。

次に「遅れましたー!」とマコ選手。

私の親友で、天然キャラがかわいい女子である。

「はい、これ、レタス♥」

ってかー!

 

だからー!声に出していうんじゃねーよ!

それにレタスってこれも普通やしー!

「えー、だってー」とマコ。

だってじゃねーよ!

と、半ばキレかけた私。

まさしくこの先が思いやられる

お先まっくら闇鍋だw

さて。気を取り直して。

闇鍋開始★★

 

みんなで輪になって、自分のもってきた食材をいれて食べていくことに。

もったいないことをしたくないので、みんな確実に食べることを

条件に!

まず一投目。

ネタバレしている 「ホルモン」

美味しい!

ってか先輩、なぜ、トマト鍋としっておきながらホルモンw


 

2投目

  レタスのはずのマコ選手。「冷凍の明石焼」を出してきた!

  なんだよ、だったらはやくゆってくれよw

  ってか単純に美味しいぞ!

  

3投目 ヒロミ選手

   魚肉ソーセージw

   単にうまいっす! もちろん切りませんよ!

4投目 そーし選手

   ドライマンゴー!

  周りに砂糖がついているんですが・・・

  でも、何が救いって、これから味がでないんだよ!

5投目  カイデ選手

「だしまき卵!」

   

  とうとうゲスト参入★

  これは美味しい!救われたよ!

  そして、切ったりなんてしませんw

6投目  ねねやん女将

トーストw

   

  なぜならトマト鍋だからね!

   いけるとおもうんだよ! そして実際、美味しかった!

   そしてもう1品 えい!

  

  「ターサイ」だっ!

  スーパーで見つけてあまりにビジュアルが愉快だったので

  購入!

  

  蓋がいりませんよ!

  と、いう前に煮なくてはいけないので

  押し込む!押し込む!

  

   

  そして切って食べるよ!美味しいよ!

8投目  トム選手

  ここでトムがニヤニヤして例の物をもってきた。

  私は内容をしっていたので、

  「ちょっとまって!

  トム、もう1個を先に出して!私まだお鍋食べたい!」

  と叫び、トム、我にかえる。

  でてきたのは「じゃがりこ」w

   

  これはイケる!確実に!

  と、おもったら、ゲストで参加していた韓国人の朴さんが

  Σ(゚△゚;)えぇぇ!!ありえないw いやだ」

  言い始める。

   えええええ!じゃがりこはお湯注いだらマッシュポテトに

  なるからトマト鍋とだったらあうはずだよ!

  となだめる。朴さん、ごめんね

9投目  トム2品目。

    じゃーん、でました!トムの真骨頂w

  「青汁」

   みんな一斉に………w

    

  「これさー、20袋あるけど、10袋にしておいた

   からねっ!」

   って、全然、うれしくないw

   

   サラサラサラ・・・・とはいると同時に

   トマトの赤と一緒に濁る…

   もはや、どぶ川にしか見えないw

   大きなエビちゃんが

   ザリガニにしかみえなくなった瞬間。

   食欲なくなった・・・・

   「トムー、どうしてくれんだよー」避難轟々。

   「だってだってお鍋の色を変えないといけないじゃん!」

  そうだけど・・・

  そして10投目。ルリ選手。

  「ナン」

   

  ぎゃー!

  ナン美味しくたべたいのにー!

  まさしく一反もめんの入浴w

  こんなクソまずいナンたべたのは初めてだった。

 11投目  ネネやん女将

   私、まだあと3アイテムくらいあるんだよねー

   と出してしまったのが運のツキ。

   「甘酒」ですw

    だってね、麹やからね。トマト鍋とだったら

   絶対に合うと思ったんだよ!

   まさかの青汁がすべてをぶちこわした!

    

  ええええ…無惨だ…

  とおもっていたら、さっきまで

  食欲なくなったとゆっていた韓国人の朴さん

  「僕、これ食べたい♥️」と言い出した。

   

   ???え?これっすか?これっすよ?

  一口たべた朴さん。

 

 「……あ、いけますねー」

ええええええええ!

そうなん?

たしかににおいは蟹味噌っぽくはなっているが!

おそるおそるたべてみる。

……… 以外と…いける…かも…w

すごい!なんてこった!

闇鍋が終わったあと、でえもんさんが一言。

「やっと闇鍋のルールがわかったわ」

 

 おい!!!!!!! そこかよ!

 (だからホルモンだったのかよ!)

みんなでちゃんと、お鍋をすべていただきまして

終了いたしました。

あまりにも面白かったので来年またやると思います。

闇鍋か、もしくは美味しいものばっかもってくる闇鍋か。

なんにせよ、楽しい暗闇の会でした。

みなさん、ありがとー!

姫路の安宿  Budget hostel for backpackers Himeji 588 Guesthouse

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。