女将の日記

女将のぐだぐだ旅日記「砂漠のキャラバン宿」

砂漠都市 ヤズド。

宿は、ヤズド市内でとらずに

60kmほど離れたキャラバン宿に泊まることに。

 

ネットでみつけた

Caravansarai Zeinodin です。

 

今回の旅で一番高い宿。1人US50ドル!

 

長い距離を顔の濃ユイ おっさんにつれていってもらう。

ドライバーなんだけども、

なんせずっと営業をしてくる。

明日、宿からイスファハンにいくときは俺がタクシーで

送ってやる。

だからキャンセルしろ、などなどなどなど。

おっさん

「タクシー高いからいいよ」とゆっても

その道中、延々、営業。断っても、断っても
ネバーギブアップ。

 

もうええねん。

 

よってタクシーの運転手さんから、私たちの間での

呼び方が「おっさん」に格下げになるww

 

途中、ドライブイン的なところで
ランチをたべることになる。

 

ラマダンでちゃんとした時間に食べれていないのもあり

私の胃もちょっと小さくなっていたので

カフェに立ち寄るも、少しでいいかー、と思ってた。

 

おっさんは

「ケバブ、食べるだろ? チキン、ビーフがあるぞ!」

 

私も美穂も「チキンとビーフ、1つづつにしてわけよう」

ということになり1つづつたのむも

IMG_0274

一人にチキン&ビーフのセットがくる。

desert(miho)7 のコピー

おっさんもww

 

で、おっさんはコーラを3本たのみ

チーズをたのみ、ナンをたのみ・・・

 

こんなにいらないけど、おっさんが食べたいならいいかー。

あれ、おっさんはラマダンじゃないんだな。

運転手が腹ぺこでふらふらになったら困るもんなー。

 

とおもってた。

 

ら、会計んときになって

「ふふーん♩」と鼻歌を歌ってる。

まったく払うそぶりなし。

 

え・・・うちらが払うの?

ツアーでもないのに???

 

「おっさん、これ、割り勘でいいんだよね?」

「・・・えっ、ああ、もちろんだよ!」と、いって

やっとこさ財布を持ち出す。

 

おいおいおいwww

なんなら、ここで観光客のみんなは
普通に払ってたってこと?

だからおっさん、
調子にのって次から次へ頼んでたってこと?

 

ないwww

 

絶対に、そーゆーのない。

 

いい人ならともかく、このおっさんは

この3時間ほど延々、「明日はまかせろ」だの
「明日のバスはキャンセルして」
どうのこうのをくりかえし
とてもとてもウザかった。

ウザい上に、おごる???

 

ないなww

 

 

ただ、おっさん、あわよくば的に思ってただけなので

「てへっ」って感じになっていたのが救いだった。

 

ほんとにもー。

desert(miho)8 のコピー

 

 

でやっとの思いで(*といいつつ、美穂におっさんを託して

私は寝てたw)キャラバンサライに到着。

IMG_0305yuki

なんだ、この素敵な外観!

 

美穂が支払いをしている間に私は車外へ。

 

するとそこには

 

ユキちゃんが!

 

yuki

おおおお!ユキちゃんではないか!

 

と喜ぶやいなや

 

ぴょいっ!

 

と車の後部座席に乗り込んだ!

 

うきゃ!めっちゃおもろい!

 

絶対に美穂が振り向くまで言わない。

振り返ったら後部座席にヤギってめっちゃおもろい
(ワクワクワクワク♩♩)

 

わくわくしながらみていると案の定・・

 

10秒後に

 

「ギャーーー!!!!!」

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

だよね!

だよね!

ギャハハハハハ!!!!

 

やぎのゆきちゃんはその声にびっくりして

飛び出てしまった。

 

ちぇ!私の馬鹿!

なんで車のドアをしめとかんかったんや!

さらに面白かったのに!!

イヒヒヒヒヒ!

心のなか

(私のココロの中これw)

 

どうもゆきちゃんは このキャラバンサライで

かっているヤギではなく

近所のヤギだとか。

desert(miho)4 のコピー

 

このキャラバンサライ・ザイノディンのオーナーは

スペイン人らしく

何十年もつかってなかったところを借りてリノベーションしたんだとか。

スタッフはイラン人です。

IMG_0305

 

 

IMG_0302

 

 

そして何がいいってこの中では

ヒジャブをかぶらなくていい!

 

自由!

 

アイラブ自由!

 

早速私たちは着替えて

長袖ともおさらば!

IMG_0280

IMG_0278

desert(miho)6 のコピー

これはダイニングとキッチンの塔。いい感じですよねー

 

 

町中できたら、絶対にアウトな服をきて

シャワーをあび、

砂漠の夕方の涼しい風に吹かれてみた。

 

IMG_0290

砂漠の町の夕日。

稜線が美しくて。

IMG_0284

なにが足りないってね。

 

酒ですよ、酒!!!!

 

美穂と「たのむからビールかワインが欲しいよね。

それと夕日だけでご機嫌になれるのに!!!!」

IMG_0294

本当にお酒がないってことがここまでつらいことだとは。

 

ちなみにキャラバンサライはらくだ隊商たちが休んだりとまるところ。

 

私たちの部屋には窓がありません。

暑い中、エアコンもないので

 

暑い・・・・

雰囲気いいけど 暑い・・・

IMG_0299

 

バイキングの食事はこんなのです。

美味しい。

IMG_0298

IMG_0297

 

しかし、他に観光客が1組しかいないので

ちょっぴりさみしぃ。

夜は屋上にいって星を眺めにいく。
きれいな星空だなあ・・・・

 

夜、砂漠に走る道路をみていると、

ずっと大型トラックが走っていた。

これは景気がいいってことか?
道が1本しかないのか?

イランはこれからどーなるんやろなあ。

 

姫路の安宿 Budget hostel for backpackers  Himeji 588 Guesthouse

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。