女将の日記

姫路のマヤ観ですからー

女将ねねやんは
大学時代「映画サークル」にはいっておりました。

厳密にいうと、
「テニスサークル」「バスケットボールサークル」「イベントサークル」という
花の女子大生にふさわしい!オサレサークルにはいりつつも

中学時代より大林宣彦監督レスペクトだったゆえ
「映画監督になりたいわ!」と

映画を「作る」ほうのサークルにはいっておりました。

ただ、このサークルは映画というよりかは
漫画を読んでは その漫画評をしたりですね。
プラモがすきな子はプラモの話をしたり
演劇がすきな子は演劇
落語が好きな子は落語 と 
本当にみんなが好きなことをやるサークルで

それはみんな、のびのびと
オタク度をあげていっておりました。

私はそんな オタク度200%のイカすみんなが大好きで
結局、オサレサークルよりも
オタク度200%の珍映画サークルにいつくようになりました。

そんな珍映画サークルの(みなさんごめんね)
珍映画メンバーは みなさん個性的で
20年たった今も、これまた 大学時代のように


つまらない漫画の話でうだうだうだうだ…
映画の話でうだうだうだうだ…

集まれるのはうれしいことやなーとおもいました。

そして、ガハハに集まってくださったことがありがたかった。

みなさん、ありがとうございました。

また集ってくださいませ!

ここは第2のマヤ観です!

姫路の安宿 Himeji 588 Guesthouse

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。