女将の日記

学生さんからワクワクをもらう

つい1週間ほど前に 兵庫県立大学 工学部の授業の1コマで
ゲストハウスの立場での、外国人への地域情報発信について
お話しさせていただく機会がありました。

コロナ渦で 全く今はインバウンド云々の話は
ちょっとした昔話にようになってしまい
(なんか遠い過去な気すらします)

それだったらぜひ「学生さんたちのような(若い)人たちはどうしたいいと思う?」
と、要所要所に聞いていたら

ある学生さんが翌日

16個にもわたる自分なりのアイデアを
学校宛に送ってくださったのですよ。

すごいなあ!
ちょっと感動しました。

そのアイデアは、自分が構想していたものと似ているものも
あるのですが
『ああ、この切り口、面白いなあ」というのも混じっていて

初めは「授業なんてドキドキする・・・」と思っていたものの
どこにどんな縁が潜んでいるかわからないものだと。

受けてよかったなあと思った次第。
そして、オファーを頂いてありがとうございます。

何人かの人には「億り人になれるチャンスが人生に何度か
あったのに、見事にいろんなチャンスを送って来てしまった
送り人だよ、私は・・・」と

よくあるタラレバの話をしていましたが

今年の目標は「送らない」です。

いわゆる「見送らない」。

ああ、えっか。
まあ、えっか。
私の口癖のようなものですが

今まで1年に1,000回くらい言っていたのを
100回くらいにする。(言うんかい!!!)

気になったことはやってみる。見送らない。

空振りしている感じもしますが、とりあえず空振り上等、
と言うことで。

あ、もう今年もあと4ヶ月ちょっとだけど・・・苦笑

関係ないけど「愛の不時着」by Netflix のウンドン君。北朝鮮で19歳の彼は学校に行かずに軍にいる。学校に行きたいけど色々行けない人もいるんだなあと思うと、色々恵まれているわけで(そんな暗い話ではないが)

 

姫路の安宿 Budget hostel for backpackers  Himeji 588 Guesthouse

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。