女将の日記

心温まるいやげもの

私が入っていた大学時代のサークルの先輩のお話。

大学時代から面倒見が良くて、30年経った今でも、いつもみんなを気にしてくれている
ビックボス。

「ねねヤンさーん。こういうの、大好きやろー!買ってきたデェ」

と、わざといつもちょっと 入らなさそうなものを買ってきてくれるんですね。

「絶対いらんやつやん!いらんし!」

と返すと

「いやいや、これ、めっちゃいいやん。ねねヤン絶対好きやんんか!」

といかにこのアイテムが素敵か、と熱弁して来るという

いわゆる漫才のかけ合いの型っていうんでしょうか。
そのやりとりをするだけに

いつも、古着屋さんだったり、ブックオフとかに行って
楽しい(いらない)ものを買ってきてくれるんですよ。

それがいつも愛情深くてですね。

「いらんし。もう!」と言いつつ、その気遣いが本当に嬉しくて。

で、今回、多分、これも「いやがるだろう」と思って買ってきてくれた
一覧。

もうね。先輩もあえて狙って外して来るポイントがあるんですけど

今回、案外ストライクに入ってきてしまって(笑)

「・・・・ちょっと。ええ感じなんですけど」となってしまったのです。

なおかつ漫画はいつもBLをプレゼントしてくれるのですが(ネタで言った「BLものみたいですね」
と言ったが最後、ずっとBLを探してくれていた)

今回はなんと「おっさんずラブ」

ですよ。見たかったですよ。

他のいただいた本もめっちゃ好みでして。

でもね。何よりやっぱり心が嬉しかったです。はい。

見てるかな。先輩。いつもいつも本当にありがとうございます!

本当にK大学に行ってよかったです!(そしてサークルに入ってよかった)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。