女将の日記

懐かしい友人が姫路に

懐かしい友人が姫路に来てくれました。

緑ちゃんです。



今回はちょっと長らく会えていなかったので
どうしてもたくさんお話しを聞きたくて

スミヲと私とで二人じめさせてもらいました。
(次はみんなでパーっと会いたい!)

人間の縁って不思議なもんだなあ。と思うことが
人生には多々あり。

緑ちゃんもその一人。

ガハハではオープンして2−3年はほぼ毎月イベントをやっていました。
「みんなでばんごはん」というものなのですが
誰かが自分の得意料理を
振舞ったり、教えたりしながら食卓を囲む、というものです。

緑ちゃん開催の「ブンチャーナイト」

家島編で
今は「いえしまコンシェルジュ」で大活躍の
中西和也くんが「家島ナイト」を開催してくれたとき
緑ちゃんは、スミヲちゃんというもう1人の学友と来てくれていたのです。

開催から1週間くらい経ってからでしょうか。
はっきりとは覚えてないのですが

「あの。ここに住みたいですが。
ここから大学院に通いたいです。」

と、リビングのソファで言われたのを思い出します。

え。ここゲストハウスやで?
毎日、違う人が出入りするんやで。
いびきの人がいる時あるで?
なおかつ論文やろ?勉強できる環境、一切ないけどw

と、親心でお断りしたのですが

いや、どうしても!と言ってくださり
それから半年?以上住んでくださった気がします。

こんないつも誰かがいる環境で、
それもまさかのドミトリーww

なぜにこの子は…..と思いつつ、
持ち前の明るさと人懐こさで友人をどんどん作って行きました。

論文書いている時期には
「緑ちゃん、いるかなー。board gameしようー」と
近所の人にちょっかいかけられまくり

ラインで「今は帰ってくるな!とりあえず学校でギリまで
書いてから帰ってこい!」と連絡していたものですw

「微調整」が笑えます。あの頃の最強コンビw

ガハハに私も住んでいたので
私のいろんな公私の修羅場を間近で見ていた
女学生さんは

社会人になり 

私のいろんな面を気にしてくれる
友人となりました。

「もっと美容をちゃんとしてくださいっ」と
お姉さんのように たしなめられ

「体重管理が必要ですから、ねねヤンさんにこれを
買って来ましたから!」とルイボスティーと(これ痩せ効果?)
お手製 ”体重管理ノート”のようなものを作って来てくれたり
(活用できずにごめんw)

「これ、どうそ」とプレゼントされた本が


「怒らない技術」だったりww

そんな緑ちゃんがベトナムに行って頑張ったりと
いろんな経験を経て、また大阪に。

可愛い妹分から、女性になり いろんないろんな
経験を経て、こうやってまたあえて友人として
話ができるって嬉しいなあ。と。

面白いなあ。人生って。

緑ちゃんが「ゲストハウスに住みたい」なんて
突飛な行動というか..まあ、そのちょっとした勇気と

私も「ま、えっか!ほな よろしく!」と
受けた自分のノリ

今だとおそらく、いろんな不安要素とか
防御策とか考えて噛み合わなかったことが

お互いの 若さとか、浅はかさとか,ノリとか
そんなもので生まれるなら

「ものは試し」ってもしかして最強なんじゃね?
と思ったりしました。

なかなか年をとると できにくくなるんだけどもね。

なんにせよ、ありがとう。緑ちゃん。

というわけで、また5月。緑ちゃん来ます。

皆さん、その時に集まってご飯会しましょうー。

姫路の安宿  Budget hostel for backpackers  Himeji588 Guesthouse

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。