女将の日記

播州の秋は最高やなあと

播州の秋は祭一色!

祭の男衆をみていると
感動で泣けてくるくらい
素敵です!

2トンほどある重い屋台を
ヨーイヤサー!と上げてしまう
あのパワー!

老いも若きもみんな一緒。
いつもはトンガリまくっているであろう
ちょっと悪そうな(元気のようさそうな?)子たちも

この日だけは
ちゃんと目上の方に従っている姿が
本当にかわいい。

(*あ、写真とは関係ありません)

nadahonmiyakobayashi4-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

怪我がないように、ちゃんと無事に終わりますようにと
安全祈願をしたくなるほど
今回見に行った「灘のけんか祭り」は激しいです!

「てんてんつき」という愛称で親しまれている

灘祭りの露払い役の獅子屋台を
持ち上げて「ドーン!」と落とす場面では

見ているこっちが「ひー!」

っと目を覆いたくなる場面も。

img_2496-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

この屋台の中には太鼓係がいて、
持ち上げてから、
一緒に落とされるんですよ。

で、その太鼓係さんは絶対に太鼓をたたくのを
とめてはいけない・・・

「ってか・・・骨折しないの?」
「ねえ、シートベルトしてないの?」
「気、失わないの?」

と質問が矢継ぎ早。

ですよねえ・・・・

どうも、紐1本をもつだけらしく、
打ち身はもちろんのこと、
最初は恐怖心もあるんだそう。

あの・・・私が見ているだけでも10回くらい
落とされてますよね・・・

すごいなあ・・・すごいなあ・・

otabi-1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
それにしても、大きな屋台の練り合わせで
どうして真ん中で挟まれている人が
大丈夫なのか理解できなく。

参加している練り子さんに聞いてみても
「こうやってな、逃げるねん」と
ひょいっと肩のかえ方を教えてくれるんだけれども

わからん・・・

どんくさい人(私のような)なら絶対に
はさまれる・・・

ああ、もう、もう、それだけでかっこいい!

受け継がれてきた伝統と、粋と、運動能力と
そして気質と。

本当にいいものがみれました。

img_2494-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

みなさん、灘のけんか祭りはもちろん
播州の10月は各地で祭りが行われていて
それぞれが本当に素晴らしいんです!

是非、10月の姫路へお越しください。
姫路城プラスαで、絶対に得した気分になりますよ!

姫路の安宿 Budget hostel for backpackers  Himeji 588 Guesthouse

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。