女将の日記

死体役になりました(おくりびと)

暑い日々が続いていますが皆さんいかがおすごしでしょうか。

さて昨夜は私は死体役、をしてました。

というのも、いつもお泊まりいただくKさんが映画「おくりびと」で知られるようになった
納棺師を目指してらっしゃって。(これね)

元々は学校の先生をされていらっしゃったKさん。
演劇というライフワークもありつつ

「納棺師にずっと興味があったのよ」と最近学校に通われている。

「また練習させてねー」とずっとお声かけいただいていて
昨日がようやくのその日。

明日無人島に行くゲストたちがご飯に行っている間に
ひっそりと開始。

ふふふ。

私は大きいのでKさんは大変そうだけど

さわさわ、さわさわーーーと心地よく 色々取り替えてくださっているのを感じながら

死してなお、こんな風に人様のお世話になるのかあ。
すみません。お手数おかけします。
でも、まあ、最後だから許して。ありがとうございます。

そんな気分になってきました。

まあ、本当ならそんな気分も感じられないんでしょうけれど。

本当ならちゃっちゃっとできるものが(まあ、言えば、誰も見てないところで
ゴロンッと着替えさせちゃえば手間が省けるのだけれど)
こうやって尊厳を守ってもらいながら(人に見えないようにして)
おくるひと(家族)の心に寄り添っていろんな工程があるのだなーと
実感したわけです。

エンバーミングのこと。顔の黄金比率のこと。
いろんな諸々のことが、家族の心のためにあることなど。
おくりびとのことをちょっとだけお伺いできて面白かったです。

Kさんいつもありがとうございますー。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。