女将のぐだぐだ旅日記「シーラーズ②」

シーラーズに無事到着。
イランの南部に位置します。

shiraz

国内線の飛行機の中では機内食でサンドイッチがでましてん。

ラマダンだというにの、少数を除いて
みんながっついている。

だよね・・・・

そんなもんだよね・・・・( ・∀・)つ〃∩

 

シーラーズの宿泊は

 

Parhami Traditional Houseで。

どうしてもいきたかったピンクモスクから徒歩3分(というかほぼ正面)

にあるゲストハウス。

parhami-traditional-house

イランはネット規制があり、

facebookやgoogle、yahooがみれません。

現地の方はうまく逃げているようですが、

なんせメールをおくっても

なかなか見てるのか、見てないのか。見れてないのか。

わからなく、現地にいって
「部屋空いてますか?」の毎日です。

 

結局、屋上のほったて小屋に通される。

ただ、これ、ペントハウスともいえるし、
屋外につくったプレハブともいえる代物。

灼熱の国でトタンの屋根がつらい・・・(+。+)~~
って感じですが

エアコンをガンガンにきかせられるので
慣れたら慣れたで
とても助かり過ごしやすかったのです。

 

美穂と私はなによりも

 

半袖になれる!

スカーフをかぶらなくてもいい!

 

この2点だけにおいて、

部屋で過ごすのが大好きになってしまい
ちょっと時間があったら
「休憩しようぜ、休憩♩」となってしまう
・・・やばいです。夏、そしてラマダン。

 

 

イランという国は

髪も、肌も出してはいけません。

ので、服をとても選ぶことは前にも書いたとおり。

 

私も日本で準備をするときに悩みました。

実は私、そんなに長袖をもっていません。

いつもセーターとか1枚できれるなにか、しかたくて

秋でも半袖をきているので

ブラウスをもっていないんです。

 

デブの人はわかるとおもうんですが

重ね着をするとさらにデブ度が増すので

精一杯、服を着ないように(重ねないように)頑張っていたら

寒くても半袖・・に慣れてしまったのです。

 

秋物がない・・・Σ(゚д゙)

 

母に
「ねえ、長袖のブラウスかしてほしいな」とお願いするも。

 

めっちゃ厚手の長袖と
スケスケの(シースルーの)長袖を
を持ってきたww

 

「い、いやあ、こーゆーんじゃなくてさ・・・」

母「はあ????なんのために必要なのかいいなさい!

わからんやないのっ!」と激怒される。

ごもっともで・・・

ただ、ただ・・・・

まさか、イランにいきます。

イスラムの国なので露出はしてはいけません。

夏だから薄手がいいけども、シースルーはだめなんです。

 

 

なんて____いえない_____

 

うちの母は超絶心配性なので、口がさけてもいえないっ!!!!
絶対イランとイラク、シリアの差なんて
わからないはず・・・・。

「えっと・・・秋なんだよ。秋。
だから借りていくね」
と,

とりあえず、ちょっとだけ薄手のものを4枚ほど

借りてもってくる。
どれもこれも中途半端だけどないよりマシでしょう・・・

 

とおもったら美穂。

「あー、長袖忘れた!アハハ!」

 

えっ・・・この国に置いて、長袖を忘れるとな?
つ・・・つかまるよ???

 

ということで母のパーカーを渡す。

美穂は10日間ほぼこのパーカーをきることになる。

Good job,母!

 

で、灼熱のイランで

夏なのに長袖。

夏なのにほおかむり。

ムレムレの私たちは

記憶が遠くなる感じで歩きました。

よって記憶がない・・・なにしたっけかな・・・

 

あ、そうそう。エラムガーデンとう庭園にいきましたねん。

シーラーズでは有名な庭園です。

解説・・・あったけど忘れました。

IMG_0193

正味、庭ですわ。

 

きれいんですけど庭ですわ。

美穂と「きれいねーーー」ってゆったのもつかのま。

 

「暑い・・・美穂、私日陰にいるから散策しておいでよ・・・ww」

と逃げる私。

 

そんなとき、びっくり美しい人たちが。写真撮影などを。

どこの国でも自撮り、人気ですわ。

IMG_0188

 

美人でしょーー。そして濃いでしょー。

なんせ、イランの女性はみんな本当に美人。

ほれぼれします。

 

ちなみにイランでは20mくらいあるくたびに

「ハロー!welcome to イラン!」

「ハロー!welcome to my city! 」

と、声をかけてくれます。

 

これがめっちゃ嬉しい!

 

そして観光地にいくたびに

「一緒に写真とりましょ」攻撃にあいます♩

 

正直、芸能人気分です。

 

そしてこちらの彼女らとも。
一緒にとりましょう!ってことになり。

別生物

どやねん、これwww

 

 

つらすぎる・・・・

そして私、まるで泥棒w

 

ってか同じ生物なのか。

まあ、なんにせよ、どうみても泥棒ルックな私たちと
写真をとりたいと、たくさんの人に声をかけられ
いろんなカメラに収まってきました。

IMG_0195

なんにせよ、この日もいっぱいのファミリーと写真撮影など♩

 

 

それにしても、みんなの巻き方がとても美しい。
髪の毛もなんかみんな見えているし。
ちょっとづつ、時代が変わっているのかな?

私たちもちょっとくらい、素敵に巻きたいな・・とおもっても
やはり泥棒になるのでした。

imifumei
*暑すぎて、どんどん不明な恰好になっていきます。

 

姫路の安宿 Budget hostel for backpackers  Himeji 588 Guesthouse

 

Follow me!

お電話でのお問い合わせ 079-227-6994 受付時間8時-11時/16時-22時