女将の日記

固定概念が壊されていく

ゲストハウスをやっていると

「・・・・え・・・マジで???」

とびっくりすることが多々起こる。日本人だけでもそうなのに
他の国の人なら尚更・・・であり、昨晩もそれが起こった。

予約がピコーン、とairbnbから入って来て
「嬉しい!やった!」と思って開くと。

「私はアメリカ人のAと申します。

日本での旅行中、四国お遍路で出会ったナイスカップルに、連絡がとりたいんだけど
住所しかない。住所を調べると、あなたの宿に近いので
best regardsを言ってくれたら嬉しい。

彼らの名前は 加古川に住むナカタカネハルさんと妻の—さんと言います!
(住所はここ、電話はこれ と明記されているがairbnbの暗号化により
電話番号は隠されていた。よかった。むしろ見れなくて)

と、言われ。。。。

え。。。

え。。。。どうしたらいいんだよ。知らないし。

てか、これ、予約じゃなし。どうすんだ。

Airbnbに相談して対処してもらうことにしたけど

・・・・どんな使い方????笑

固定概念がぶちのめされる日々です。

ということで、もし加古川のナカタカネハルさん(奥さんの名前は
伏せておきますね)

すごくナイスカップルで本当におせわになりました。本当は今年行きたかったんですけど
コロナの状況により行けません。

本当にすみません!

だそうです・・・とりあえず伝えました。。。笑

….って、この使い方って。。。。(汗)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。