女将の日記

google翻訳がすごすぎる!

またなんてことない話です(笑)

最近本当に驚くことがあります。

翻訳の精度です。

この間、中国語の勉強をしに台湾は台中にいっておりました。

台北を選ばずに(台北だと「あ、こいつ、中国語
わからないな・・と思ったら即座に英語にしてくれていたので)

台中なら。。。と思ったわけです。

最初はお店に行っても

歓迎光臨〜

最初は中国語だったのですが
すぐに
「こいつ、喋れねえなw」と思われ

スマホを取り出し、ピピピッと

google 翻訳・・・・

ああああああ!!!!; (゚◇゚)~

違うんだよ!ごめんやけど2回、3回言って欲しい!
が、言ってくれないよね。そうだよね・・・アイター; (゚◇゚)~ガーン;

そしてその精度がとてもいい!

めっちゃわかる・・・ww

例えばカフェに入ります。
実は私が習っているのは簡体字(中国大陸で使われている方)

で、台湾は繁体字。

簡体字でも覚えきれてないものが繁体字なので
メニューに写真がないと
さらに・・・「エットォ」になるんですよ。

で、google翻訳に「カメラ入力」というのがあってですね。

「なんだこれ?」と使ってみたわけですよ。

そしたら!
「この漢字、なんやねんろ・・・・」と思ったメニューが!

え!カメラで識別するの?
すごい。。。。

で持って、知りたいところをなぞると・・・


「摩拿鐵」→「モカラテ」!!!

出てきた!
すごくないですか?????

出てきたのはこちら。

いやあ・・・本当にね、テクノロジーはすごいですよ。
google mapのおかげで道に迷うことも、
迷ったとしてもすぐに引き返せるから
勇気を持ってどこでも行けるようになった。

言葉がわからなくてもこれで大丈夫。
LCCのおかげで昔では考えられないほどの値段でどこでも行ける。

本当にいい時代が来ましたよ。怖いですけど、いい時代です。

ちなみに台中では、google翻訳も活躍しましたが
それ以上に若い台湾の子が日本語をしゃべるんですよ。

日本のドラマがそのまま台湾で放送されていて
(字幕付き)日本語をそのまま聞いているんですね。

それがきっかけで日本語を勉強していらっしゃる方
かなりいらっしゃって、2−3件に1件は基本的な
日本語が喋れるかたがいらっしゃりました。

本当にびっくり!

ただ、google翻訳があったところで、
(観光は)困ることはないけれど
コミュニケーションをしたいというのが目的なので
とりあえずゆっくりと頑張っていきたいと思います。

姫路の安宿  Budget hostel for backpackers  Himeji588 Guesthouse

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。