女将の日記

女将のグダグダ世界旅: アゼルバイジャン2

<アゼルバイジャンのビザ>

ちなみに私が旅ができるのは6月と決めてます。
で、その頃というとラマダンがあるんですけど

去年、イランのラマダンで懲りた私は
「できるだけラマダンの影響が少ないところを」

と選びました。

それもアゼルバイジャンを選んだ1つの理由でもあります。

旧ソ連に支配されていたイスラムの国は、
その時にいったんは棄教させられているので

絶対ハラールじゃないと、とか、絶対に髪の毛を隠す、
とかアルコールはダメ、とか そういう制限に厳しくない。

ナイス(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

そして関空からドイツのフランクフルト、トルコで乗りついて
いざ、アゼルバイジャンへ!

そんな飛行機の中でふと、頭をよぎったのは。。。

「あれ・・・ビザっていらんかったっけ???」

え。。。。あれ・・・

私、調べたよね。調べた。
だからいらないんだーと判断したと思ったんだけど

ガイドブックを開いた途端
(*飛行機の中でほぼ初見、という雑な私)

「ビザ必要」アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

ヒーーーー!!!! え?え?ほんま???

「ビザ必要。他の中東諸国のようなアライバルビザはなく
厳格。ただ、審査は厳しくなく1週間でーーーどーちゃらこーちゃら」

滝汗。。。。。。。。レ(゚∀゚;)ヘ=З=З=З

レ(゚∀゚;)ヘ=З=З=З

わ。。。私どうするん。

実は私、昔にビザなしで到着してしまったことが
1度あり、めっちゃ怒られたことがある。(中東の国)
ただ、それはトランジットだったので如何にかこうにか
なったんだけれど

今回はちゃんと”入国”だ・・・

バカ。
バカバカ。

雑な私のバカ!

こんな時こそ
バックアップの最悪の時のプランを考える。

私・・・depotee(強制送還)され、トルコまで戻される。
    トルコの空港で過ごして、アゼルバイジャンの
    次の国で先回りして待っておくw

多分、これが良い。ビザは間に合わない。

が。。。ゴーラクちゃん。女子。
1人旅が初めて  _| ̄|○  マジスマン・・

・・・・・不安だよねえ。英語も喋れない
って言ってたなあ。寝台列車でこれるかなあ・・

・・・・滝汗。


(*自分は乗ってないけど記念にアゼルバイジャン航空機★)

到着してとりあえずビザコーナーに行ってみる。

「あの・・あのう・・・アライバルビザを・・・」

「はい!わかりました!
そして、日本人は無料でーす!」

え?ほんま???

と、どこの国よりも早く5分でくれた。

はやっ!!!!

アライバル、取れた!なおかつ無料!(なんでや?円借款があるんか?)

どうもこの1年で、日本人は無料でアライバルビザを
発行する、ということになったらしくて
私が持っていたガイドブックが古い情報だったのだ。

だから私が雑に一度調べて「いらないや」と思ったのは
その情報をどこかで見たんだろう。

・・・・・ドキドキした・・・・
ゴーラクになんて言おうかと思ったよ・・・・

ドキドキしながら到着した
首都バクーの
ヘイダルアリエフ空港はとーっても美しくて

ゲートを出たら

のんびりと休んでいたゴーラク。
よかった・・・ホッとした(不安で泣いてるかと笑)

それにして長旅だったので

お互いのグッドジョブをたたえつつ

長距離便はシニアには堪えるなあ、と

早速カフェへ。

アーーーーー。やっぱり年齢には年齢に応じた旅がある。

早くビジネスに乗れるようになりたい!

姫路の安宿 Budget hostel for backpackers  Himeji588 GH

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。