女将の日記「家島の節分」2020

もう終了したのですが、日記として。

今年もまたお邪魔して来ました。家島の節分。
家島は姫路港から高速艇で30分の島です。

そこでは2月の節分に豆まきがあるのですが
ここの豆まきが本当に楽しくて

なぜかというと

豆だけでなく

パン、ラーメン、のり、しめじ?などなど

いろんなものが飛んでくるんですよ!

今年は スタッフ、ゲスト、そして友達と一緒に
お邪魔して来ました。

姫路港で切符(片道千円)を買っていると親切なおじさんが色々教えてくださり


「よっしゃ!港着いたらおっちゃんが、ベンツで見晴らしのいいところ、連れてっちゃる!」

と、言ってくださり

おじさんのベンツ(軽バン)で島の展望ポイントへ。



見晴らし、最高!

そして、ぐるッと島を結局1周してくださりました。


細い道をギャンギャン、行くのですが
怖い。。。めっちゃ細い。自分では運転厳しいです。

そのあと、せっかくなので元の港に下ろしていただき


散歩しながら 予約していたお食事処「ポルト」さんへ。

私、ここの家島定食がとても好きです。今回は家島定食に鯖のお刺身をいただきました。

さて、お腹いっぱいになった後は 神社へ!

厳かに神事が行われていて

それが終わった後、特設櫓に年男、年女さんが豆やらを持って登っていきます。


同級生や家族、お友達から「ーーーちゃん、ここだよー!」とラブコールを
もらっているのがとても微笑ましい。いいなあ、こういうの。

で、始まったら。

もう、すんごいのです!

 

うわああああああ!!!!とみんなが怖いくらいに
ぶつかり、ぶつかられ
キャッチし、キャッチし損ね

10分ほどの間に、雨のようにいろんなものが降って来て

それはそれは笑える、もとい、楽しい時間でした。

暗闇であまり見えなかったのですが
明るいところで見ると

ああ、こんなものをいただいたんだ!と
楽しくなります。


これは私の。なぜうどん!笑 なぜ しめじ!


友達は海苔をいっぱい。いいなー!ちなみに家島は海苔で有名です!


ドイツ人のロニャもたくさんいただきました!

家島の楽しい節分を体験できて本当に今年も楽しかったです。
ありがとうございます!

また普段の日に美味しい海の幸をいただきに再訪したいと思います!

姫路の安宿 Budget hostel for backpackers Himeji 588 Guesthouse

Follow me!

お電話でのお問い合わせ 079-227-6994 受付時間8時-11時/16時-22時